Blog
スタッフブログ

2019.04.18

マントの保温性

麻のマントは、一般的なポリエステル製のマントのような保温性はありません。
素材も、シーツのような素材で、使うほどに柔らかなくお肌に馴染んできます。


保温性について、蒸しラボでは以下のように考えています。


本来のよもぎ蒸しの目的は、汗を出すことではありません。
麻草の成分を体全体に巡らせるのが目的です。

昔はサウナなど汗を出すことが良いとされてきましたが、
現在では、体に余計な熱を加え汗をかきすぎると、
逆に体に負担がかかってしまいます。

汗をかき過ぎたり、頑張りすぎると、
無意識に体が緊張してしまい排出されにくくなります。
一番心地よくリラックスできる温度が最適なのです。

ちなみに、
韓国は昔から、辛いものを食べ汗をかき、サウナに入り汗をかき、アカスリをする習慣がありますので、汗をかくことは生活の習慣となっていました。そのため昔から韓国のよもぎ蒸しは汗をたくさん出します。


汗をたくさんかくと、その時はとても気持ち良いけれど、汗で不要なものが排出される量はたったの3%程度だと言われています。
頑張っても、尿1回分より少ないのです。


よもぎ蒸しでは、そんなにかかなくても良いので、
風邪を引かないように、部屋を暖かくしてご利用ください。


足元が少し寒いと感じる方は、足元にヒーターを置いたり、
マント1枚では寒いという方は、
麻のマントの上に暖かいものを羽織ったりして、
ぜひ、ご自身のライフスタイルに合わせて、
一番心地よい工夫をしてみてくださいね。


その上で、何かご要望がございましたら、何なりとお申し付けください。
蒸しラボでも、お客さまの声をもとに、新製品や新改良など、重ねていきたいと思います。


どうぞ麻のマントを体にまとい、ゆったりと癒されてくださいね。



蒸しラボ・ジャパン
麻のマント担当