Blog
スタッフブログ

  • Top
  • ご使用方法・お手入れ

2019.04.18

ご使用方法・お手入れ

基本的な流れ




①お湯を沸かす

②麻草を約15g(スプーン3杯分)を黄土壺に入れる。
※黒い炭が舞い散りますので、ゆっくりと入れてください。

③沸騰したお湯を、壺の持ち手の上くらいまで注ぐ。
※水が少ないと空焚きとなり、底が焦げてしまいます。





④麻草とお湯が入った壺を、電気コンロの上に置き、スイッチをいれる。
沸騰するまで、しばらく待つ。

※沸騰までの間、座面の上にタオルを掛けておくと、座面が温まります。



⑤壺が沸騰しましたら、タオルを取り、マントを羽織り、黄土に座ります。
時間:約40分(1回)


・壁側に設置すれば、壁を背もたれにすることができます。
・あぐらや三角座りなど、自由にお座りください。
・少し股を広げて座るとなお良いです。
・時々、上がってくる湯気が熱いことがあります。
コンロの温度を下げてしまうと、壺の温度が下がり過ぎてしまうので、
内輪などで湯気の蒸気を仰ぐと緩和されますので、オススメです。


⑥ご使用後は、コンロと黄土壺が大変熱くなっておりますので、冷めてから、または厚手のタオル等で、火傷に気を付けてお持ちください。

⑦壺の中身はネットなどに流し捨ててください。
※壺は、タワシを使い、お湯や水のみで洗ってください。
※急激な温度差で割れてしまうことがありますので、冷めてから洗うか、ぬるま湯をご使用ください。
※化学成分の入った洗剤や除菌スプレーなどは決して使用しないでください。黄土に吸収されてしまします。



本体・座面も、
洗剤や消臭スプレー等を使うと
吸収してしまいますので、
清潔な雑巾の水拭きでしっかり吹き上げてください。
黄土の浄化力で清潔は保たれます。


電気コンロ
使用中・使用後は、大変熱くなっております。火傷に充分注意して、冷めてからお掃除をお願いします。表面に汗などが付いていると、次に使用する際、臭いが発生し、壺の底面にも付着しますので、キレイに水拭きをお願いします。

※どうしても気になる方は、
100%天然のもので舐めても
害のない製品をお求めください。
※自己責任にてお願い致します。


麻のマント
使用後は、洗濯機で洗い、干してください。

※洗剤を使用する際は、
無香料・蛍光剤や漂白剤の入っていない、お肌に優しい洗剤をご使用ください。
※柔軟剤はなるべく使用しないでください。


MARL JAPAN